仕事を辞めて一人暮らしから実家暮らしになった人の中には、やっぱり実家暮らしが嫌でもう一度一人暮らしをしたいという人も多いようです。

私もそのうちの一人ですが、実家に帰ってから数年間ずっと「実家を出たい・・実家を出たい・・」と思い続けてきました。

刺激的だった都会の生活が好きだった私にとって、実家の田舎暮らしは何もかもが退屈に思えました。

新しく始めた仕事をしていても、「私、ここで一体なにをしてるんだろう・・」と思わずにはいられませんでした。

・・でもぶっちゃけ東京にいたからって、何か目標に向かって邁進してるわけじゃなかったんですよね。

東京にいたって家と会社の往復をするだけの生活は変わりませんでしたし、仕事も楽しくありませんでした。

特別東京にいなければできない趣味をやっていたとかもないですし。

でも実家(田舎)暮らしがどうしても楽しめなかった私は、次第にそれを自分が東京にいないからだと思うようになりました。

東京にいないから毎日が楽しくないんだ。

だから一刻も早く再上京しなくちゃいけないんだ。

しかしそれは間違っていました。

ただの思い込みであり、妄想だったのです。

私は現状が満たされない原因を、実家(田舎)暮らしのせいにしていただけなのです。

そんな数年間の妄想を経た私は、ただ漠然と「実家を出たい・・」と思うのではなく、どうして実家を出たいのか、一人暮らしに戻って何をしたいのかという部分を明確にした方が良いという結論に至りました。

スポンサーリンク

どうして実家を出たいのか

これは恐らく人によって理由が異なると思います。

ですので自分の中でその理由をはっきりさせましょう。

ただ漠然と「実家を出たい・・」では、晴れて実家を出たとしても行き詰まる時が来るかもしれません。

・・中には親との関係で悩んで実家を出たいという人もいると思うので、そういう場合は実家を出て親から離れること自体を目的にしても良いと思いますが、一人暮らしになれば自分の世話は当然全て自分でしなくてはならなくなります。

特に再上京の場合はそれほど若くないはずです。

感情や勢いだけで実家を飛び出そうとせず、今後の方向性を十分考えた上で行動するようにしていきましょう。

一人暮らしをして何をしたいのか

一人暮らしをするのに理由なんかいらないと思うこともありますが、例えばこれからもう一度一人暮らしをしたとして、若いうちは仕事もあるから何とかやっていけるけど、歳をとって仕事に恵まれなかったり給料が下がってしまうことも十分考えられます。

その結果、また実家に戻らざるを得なくなってしまう場合もあるでしょう。

それが悪いという話ではなく、そういう結果になってしまう可能性も踏まえた上で、本当に実家を出るのか、出るなら何をしたいのかという目的を決めた方が良いのかもしれません。

将来のことなんて心配してもどうなるかわかりませんので考えるだけ無駄かもしれませんが、自分の中で「こうしたい」という方針や方向性がしっかりしていて、それに沿った生き方ができれば良いのではないでしょうか。

一番良くないのは、周りはみんな実家を出てるからとか結婚してるからとか、そんな風にして自分と周囲の人間を比べることかもしれません。

あなたは何がしたいのか。

本当はどうしたいのか。

これから先はそんなあなた自身の気持ち、意思が重要になってくるのです。