思いっきり泣いてしまいましょう。

それはもう、みっともないほどに、盛大に涙を流して、思う存分泣くのです。

男性も女性も関係ありません。

泣きたければ泣いて良いのです。

思いっきり泣いて、みっともないほどに泣いて、内側にある感情を一度爆発させてスッキリしてしまいましょう。

スポンサーリンク

会社で泣かないようにするためには

とは言え人前で泣くのは、ためらわれますよね。

私は仕事が辛くてよく泣いていましたが、盛大に泣いていたのは主に家の中で一人でいる時でした。

あまりに辛い時は仕事帰りに泣きながら歩いて帰った日もありますし、酷い時は職場で上司の前で泣いてしまったことも何度かありました。

しかし職場で上司の前で泣くことは不本意でしたし、家で泣く時と違って泣きたくて泣いたわけではありませんでした。

ただ私の意に反して溢れ出る涙をどうしても止められませんでした。(´ω`)

でもそれはもう仕方の無いことですよね。

泣いちゃダメだと思えば思うほど、逆に泣きたくなってしまうものなのです。

数回ほど会社で人前で泣いてしまったことのある私ですが、どうしても泣きそうな時は出来るだけ仕事に打ち込むようにしています。

自分の意識を自分の感情ではなく目の前の仕事に向けるのです。

会社で泣かないようにするためには、目の前の仕事に全力投球してみるようにしましょう。

泣いても何も変わらない?

仕事で泣くことは甘えだという風潮を感じることがあります。

泣いたって何も変わらないし、自分が頑張るしかない。

確かにそうかもしれません。

泣いたって誰かが助けてくれるわけでもありませんし、仕事ができるようになるわけでもありません。

泣いたって何も変わらないのは本当かもしれません。

しかしそこで自分の気持ちを押し殺し、自分の心のサインを無視し続けてしまうと、それはいずれ大きな問題となって自分に襲いかかってくるようになるかもしれません。

泣くのは心のサイン/無視しないようにしましょう

例えば心の病がそれに当たるでしょうし、私の場合は初めは目眩だけでしたが、徐々に身体に異変を感じるようになりました。

とは言え仕事だけが理由ではありませんでしたのでその辺は人それぞれ事情は異なると思いますが、いずれにせよ心のサインに気付かない、もしくは気付いていても無視してしまうと、その代償はいずれ大きな問題となって自分に返ってくるかもしれません。

スポンサーリンク


泣きたい時は、思い切り泣きましょう

泣いても何も変わらないということに気付いて前向きになれる人はそれで良いのです。

ですが皆がそうではありません。

何も変わらないと分かっていても、それでも前向きになれない人もいるのです。

この記事を読んでくださっているということは、もしかしたらあなたもそうなのかもしれません。

泣いても良いのです。

むしろたくさん泣いて、盛大に泣いて、自分の中にある感情を一度爆発させてしまいましょう。

時に泣く場所は考えなくてはならないかもしれませんが、不思議と泣くとスッキリするものです。

私は夜一人で過ごしてる時に泣くことが多かったです。

仕事が辛くて泣いた夜もあれば、人生に絶望して泣いた夜もあります。

今でもたまにいろいろなことに悲観的になって泣きます。

もうどうしたら良いか自分でも分からず、とにかく泣かずにはいられないのです。

そのうち泣き疲れていつの間にか眠ってしまうのですが、翌朝起きると妙にスッキリしてる自分がいます。

寝ると頭がリセットされてスッキリするらしいのでそのせいだと思いますが、前の晩はあんなに悲観的になって絶望して泣きまくったのに、ずいぶんケロッとしてる自分がいるのです。

睡眠をとったことにより頭がスッキリしたことも原因かもしれませんが、たくさん泣いてストレスが発散できたのも良かったのかもしれません。

ストレスが発散できたのかは正直あまり実感がありませんが、それでも気分的に少しでも前向きになれれば大成功としています。

本当に泣きたい時ほど泣けないものですが、たまには盛大に泣くことでリフレッシュできる時もあります。

泣いても仕事ができるようになるわけではありませんが、仕事に対する気持ちや姿勢は変わるかもしれません。

また自分が本当にやりたいことは何なのかといった、人生における根本的な部分も意識できるようになるかもしれません。

人によっては、そちらの方がずっと重要かもしれません。

泣けばすべてが解決されるわけではありませんが、自分自身と向き合うきっかけは作れるかもしれません。

自分は本当はどうしたいのか

何がしたくて、どんな人間になりたいのか

この辺りのことが自分の中で定まってくると、仕事だけでなく人生も今より豊かなものになっていくかもしれません。

仕事を辞めたい/転職したい