終業時間が近づくと落ち着き始める(元気になる)でもお話しておりますが、仕事に行きたくなくて泣いてしまうくらい辛い人というのは、私もそうでしたがだいたい仕事が終わってから寝るまでのフリータイムが大好きです。

その時間は恐らく1日のうちで一番気分が良くて精神が安定してる時間帯だと思われます。

・・・

しかしそんな幸せタイムも束の間・・

翌日も仕事の場合、そろそろ寝なくてはなりません。

そして寝て起きたら朝です。

またあの憂鬱な朝がやってくるのです。

そう思うと寝たくないと思う反面、寝不足で仕事に行くのはもっと辛くて嫌なので早く寝なければと思います。

しかしそう思えば思うほど何故か眠れず、布団の中で何時間も仕事のことを考えながら起き続けてしまった経験のある人もいるかもしれません。

泣くのは心のサイン/無視しないようにしましょうでもお話しておりますが、あまり無理されぬよう、ご自分のことを大切になさって下さい。

スポンサーリンク

好きなことをしてリフレッシュして眠りにつきましょう

趣味を充実させて上手にストレス発散しながら仕事をしてる人がいます。

遊びに行ったりライブに行ったり、漫画を読んだりゲームをしたり・・

現代はいろいろな娯楽で溢れていますので、自分に合ったものを見つけられると良いかもしれません。

しかし中には仕事のストレスを上手に発散できない人も多くいます。

私もそうなのですが、いくらゲームしたり漫画読んだりネットをしたりしてみても、何故か心ここにあらずといった状態で、ストレス発散どころか逆にストレスが溜まるような状態でした。

私の場合は、仕事のストレスは仕事で返すのが一番のストレス発散でした。

そのためにやったことは・・

・仕事を覚える

これに尽きました。

仕事を覚えるようになれば自信も付きますし、それによって仕事が捗るようにもなるでしょう。

以前はできなかったことがスムーズにできると嬉しいですし、瞬間的に仕事が楽しいと感じることもあるかもしれません。

しかし会社によってはこれがどうしてもしずらい所もありました。

研修制度がろくに整っておらず、形だけのOJT、わからないことを聞いてもきちんと教えてもらえず、酷い時は上司も対処の仕方がわからない。

そのような会社もいくつかありました。

そういう所だと仕事を覚えたくてもなかなか覚えられませんし、いつまで経っても自信を持って働くことができませんでした。

そしてそのような会社は決まって入れ替わりの激しい所でした。

私自身2年ほど頑張った会社もありましたが、耐えられず半年程度で辞めてしまった会社もありました。

ですがそういう所でも、とりあえず出勤していれお金は貰えるので、考え方次第なのかなと思う部分もありました。(´ω`)

精神的に相当強くないとできなさそうですが。。

・・・

何をせずとも明日は来る

話が逸れましたが、寝ても寝なくても明日は来ますし、考えても考えなくてもやっぱり明日は来ます。

寝なければ寝不足になるので、寝たほうが良いです。

考えたら解決策が浮かぶのか、もしくは何かしら前に進める可能性があるなら考えてみるのも良いかもしれません。

しかしただ漠然と「仕事が辛い・・行きたくない・・」と思い続けるだけなら、それは何の生産性も無い不毛なものと言えるかもしれません。

案外バカバカしいことで悩んでたと思うこともあるかもしれません。

そう思えたら、もうこちらのものです。

さっさと寝てしまいましょう。(´ω`)