当サイトでは出来るだけ今の仕事を続けながら、仕事に対する考え方や姿勢を見直したりしてみることをおススメしています。

もしかしたら一時的な衝動で辞めたいと思ってる場合もあるかもしれませんし、仕事はやはりそれなりに人生を左右するものだと感じていますので、一時の気持ちで行動するのではなく、じっくり腰を据えて自分と向き合ってからでも遅くはないのではないでしょうか。

しかしそれでも、どうしても仕事が嫌で嫌で仕方なくて、もう何度も何度も悩んでそれでも嫌なら辞めてしまっても別に良いと思ってるところもあります。

仕事は、嫌なら辞めてしまっても良いのです。

スポンサーリンク

嫌なら辞めてもいいと思う

ただしその結果自らに起こる事象に関しては、すべて自分で責任を持たないといけないかもしれません。

再就職の不安や収入面での不安、他にも先々いろいろな不安がいっきにやってくることもあるかもしれません。

ですので転職するにしても、出来るだけ今の仕事を続けながらの活動を強くおススメしています。

私はそれができず無職期間を長く経験しましたが、想像以上に辛かったです。

無職は働かなくていいんだからラクだと思ってましたが、それは全く違います。

これはあくまで私の経験上の話に過ぎませんが、無職は間違いなく辛いです。

お金がありません。
何も買えません。
税金も払えません。

選択肢が限りなくゼロに近くなります。

では働くことは?

働くことも辛く苦しい場合が多いです。

しかし少しの工夫や考え方や取り組み方を変えることによって、それが改善される場合もあります。

また本当に転職したいと思うなら、少しでも興味のある分野ややりたいと思う方向性で仕事を探してみることもできるでしょう。

私にとって無職は苦痛以外の何者でもありませんでしたが、仕事は自分の気持ちや探し方次第で良い方向に変えられると信じています。

仕事は嫌なら辞めても良いのです。

ただしこれから先のことをきちんと考えることです。

それも本気で、大真面目で考えることです。

この先の人生・・

・どうしていきたいのか

・どんな風になりたいのか

そういうことを自分とじっくり向き合いながら考えていきましょう。

自分の中でこれから先の方向性や方針が定まってくると、仕事に対する取り組み方はもちろん、価値感や信条などもしっかりしたものになってくるでしょう。

そうなると、もう仕事に行きたくないとか仕事を辞めたいとか、そういう次元で生きることも少なくなるでしょう。

むしろ仕事が大好き・・とまではいかないかもしれませんが、仕事と遊びの境界線が無くなるくらい仕事を楽しめたらそれはそれで素敵かもしれません。

欲しい物を買う。
旅行にたくさん行く。
美味しい物をたくさん食べる。

そんな風にして世に溢れる娯楽を享受するだけの人生も悪くないですが、もっといろんなことに挑戦して、その結果を味わって楽しむ人生も悪くはなさそうです。

そしてそんな人生を歩むためには・・

・本当はどうしていきたいのか

・本当はどんな風になりたいのか

まずはこれを自分の中から見つけてみましょう。

その上で転職先を考えてみるのも良いでしょう。