実家に帰ってきて1ヶ月も経つと、次第に日々の生活が退屈に感じるようになりました。

退屈というより、この先どうしたらいいのかわからなくなったのです。

実家でやるべきことがあるわけでもなく、この先ずっと実家に住み続けるつもりも無ければ、田舎で暮らしていきたい気持ちもありませんでした。

だからもう一度上京したい(東京に行きたい)と思い込んでいた部分もあります。

・・そんな気持ちでいたからでしょうか。

仕事をしてる時は家と会社を往復する毎日。

仕事をしていない時は部屋に引き籠って自分の仕事をする毎日。

後者の生活の方が圧倒的に良かったですが、実家(田舎)で過ごす日々自体が私にとっては時間を無駄にしてるような、そんな感覚がありました。

「私は一体、ここ(実家)で何してるんだろう・・?」

そんな風に思ってました。

しかし考えてみますと、東京にいたからって何がどうなるわけでも無いんですよね。

つまり本当のところは、どこにいたって何も変わらないのです。

スポンサーリンク

どこにいても変わらない

それなのに私は、今の生活(実家暮らし)が詰まらないのは、東京にいないからだ!

東京にいればもっと毎日が充実して楽しいはずだし、私は輝いていられるのに!

でも実際東京で働いてた頃は・・

毎日家と会社の往復でしたし、仕事はハードだったし、毎朝憂鬱だったし、人生を無駄にしてる感覚がありました。

東京にいた頃も、実家暮らしと同じように人生を無駄にしてる感覚があったのです。

つまり本当のところ、私はどこで何をしていても何も変わらないはずなのに、今の環境(実家暮らし)が耐えられないから漠然と「上京したい」「東京に行きたい」「東京に行きさえすれば何とかなる。」と思い込んでいるのかもしれません。

しかし一度経験してるのですから、もう分かってるはずなのです。

そんなものは、ただの幻想であることを。

工夫が足りなかっただけ

実家暮らしでも、工夫次第で日々の生活を楽しくできる方法は本当はいくらでもあるのです。

どこに行っても楽しくなくて、時間を持て余しているのであれば、副業をしてみるのも良いと思います。

自発的な自分の仕事で収入を得ることができるというのは、やってみると分かるのですがとても面白いです。

田舎はどこへ行っても楽しくないと思っていましたが、それはどこへ行っても同じかなと感じるようにもなりました。

東京だってどこだって、ただ娯楽を消費するだけの遊びを楽しいと感じないのであれば、もうどこに居ても同じだなと。

それならどこに居たって自分が少しでも楽しめるようなことをした方が良いのかもしれません。

私の場合は、副業の仕事をしてる時が一番楽しいと感じます。

それが私が現時点で求めてることであり、望んでるものであり、自分の気持ちに正直になった結果でした。

しかし家にばかりいると変わり映えのしない毎日に気が滅入ってくることもあるので、出来るだけ外に出るようにはしています。

最近は田舎でも電源を利用できる喫茶店が増えてきてるので、そういう所へいって仕事するのも良い気分転換になるかもしれません。

自分の心がけ次第で、今自分がどこにいようと、どのような環境や状況であろうと、日々の生活は工夫次第で良くも悪くもなるものです。

私はこれに気付くまでに何年もかかりましたが、同じように悩んでる方の参考になれば幸いです。