私の実家は東北の田舎町で、当然ですが都会に比べると何も無いですし、遊びに行きたいと思う場所もほとんどありません。

よく「田舎は自然があって良い」とか言われますけど、確かに空気は綺麗だし温泉もたくさんあるしのんびりスローライフを楽しむことはできるのかもしれませんが、それはお金があればの話で、田舎暮らしだってやっぱり普通にお金はかかります。

自然はたくさんあるかもしれませんが、仕事は無いです。

それなら仕事もたくさんある都会の方が生きやすいし、いろいろなものがあるし、そういう意味でも私は田舎より都会の方が良いなと思ってしまうのです。

以前はそれでなにかと東京(都会)に固執してしまい、病的なほどに「もう一度上京したい!東京に行きたい!」と盲目的になってたことが何年もありますが、今は結構落ち着いたと思います。

「東京に行って、結局私は何がしたいの?」ということに気付いてしまったからです。

スポンサーリンク

東京でやりたいことがあるわけじゃない

東京でなければ、できないことがあるわけではないのです。

仕事関係の集まりでたまに行くことがありますが、それなら用事がある時に行けばいいだけですし。。

それなのに何故か私は無性に東京に行きたくて、実家を出たくて。。

実家が都会に近い所(東京近郊)だったらどんなに良かったことかと思ったし、東京近郊に実家がある友人が羨ましくて仕方ありませんでした。

家族で東京に引っ越す夢を見て、夢の中で泣いて喜んだこともあります。笑

・・・
・・

・・ただ、それほどまでにして東京に行かなければならない理由というのは、実は無かったりするんですよね。

私は実家(田舎)暮らしが詰まらなくて、息苦しくて、それを東京に行きたい理由にしてただけなんですよね。

東京でやりたいことがあったわけじゃないんです。

というか、本当は何も無いのですが。。

それでもいいじゃない

一度実家に帰ってきて、再び一人暮らし(再上京)するのは、結構パワーがいることなのだなと感じています。

年齢的なこともありますし、何か明確な目標があれば別ですが、そういうのも特にないですし。

好きでやってる仕事の活動範囲が増えるのかな・・くらいです。

でも、だから何なの?それが何なの?

・・という見方を、最近はするようにもなりました。

用事があれば、その時に都会に行けばいいだけですもんね。

そう考えますと、私は何を都会(東京/一人暮らし)に求めてるのか、たまにわからなくなります。

それでも実家暮らしをずっと続けていくことに不安があるから、だから盲信的に「東京に行きたい!実家を出たい!」と思い込んでるだけなのかもしれません。

ただそれでも何もせずに過ごしていくよりかは、ずっと良いのかなと思う時もあります。

考えてるだけで、どうしようと思い悩んでるだけで、何も行動しない。

何も行動しなければ、何も変わらないし、何も変えられません。

実家を出ることを、大きなイベントと捉えすぎなのかもしれません。

目の前の壁を、自分で高くしてるだけなのかもしれません。