仕事を辞めて実家に帰ろうか悩んでる人の中には、都会での暮らしが好きという人もいるかもしれません。

私は東京が好きでした。

実家は東北のため、気軽に遊びに行けるような距離ではなくなりました。

そんな私が実家へ帰ってきて、後悔したことは数え切れませんでした。

仕事を辞めて実家へ帰ろうか迷ってる方。

今回はそんな方に向けて少しだけお伝えしたいことがあるので、宜しければご覧ください。

スポンサーリンク

実家が田舎の場合

あなたの実家が田舎にあって、都会と離れてる場合。

実家に帰った瞬間、都会は非常に遠く離れた世界に感じるようになるかもしれません。

そういう場合、特にあなたが都会暮らしが好きなのであれば、実家に帰るのは本当によく考えた方が良いかもしれません。

実家が都会に近くて、例えば電車で1時間とかそういう距離であればあまり遠い感じもしないと思うのですが、新幹線や飛行機、夜行バスなどを使わなければ行けないような距離になると、都会はそこそこ遠い世界に感じるようになるかもしれません。

なかなか行くことができなくなります。

そしてそのなかなか行くことができないという制限が、異常に自分を苦しめるようになります。

行けないから行きたくなる

私の場合は、今まで住んでいた東京が急に遠くなったことで自分の中でなかなか行くことができないという制限がかかり、東京に執着するようになってしまったのかもしれません。

実家暮らしで感じる不満や不安が、すべて「東京に行きさえすれば解決する」と思うようになりました。

盲信的に、何年もの間、ずっとずっとそのように思い込み続けていました。

・・現在はそれほどではないですが、そのような状態で自分で自分を疲弊させていたと思います。

実家で何かやりたいことはあるのか

実家に帰った後の生活。

その後の生活を事前に描いておいた方が良いです。

今後生活の拠点を実家に移して、何をするのか、どうしていくのかといった、方向性を定めておくのです。

私はこれを全くしてなかったので、実家に帰ってから瞬く間に途方に暮れる結果となりました。

この先どうしていいか、全くわからなくなってしまいました。

ただそれは東京にいても同じだったろうなと思うまでに何年もかかったわけですが、その間は完全に自分を見失っていました。

都会に未練は無いか

他の体験談でもお話しておりますが、一度実家に帰るとまた一人暮らしをするのは結構パワーが必要になります。

本当に帰っても良いのか、じっくり考えてみることを強くおススメします。

当サイトでは実際に実家に帰った私が何を考え何を思ったのかいろいろご紹介してますので、そういった体験談が何かしらのお役に立てれば幸いです。(´ω`)